[出前授業] 伊那市環境展2016にてエネルギーの電子工作

伊那市合併10周年記念して!伊那市環境展2016 in 伊那市民体育館に
本学科教員と学生がエネルギーに関する電子工作『太陽光LEDオルゴール』の出前授業を実施しました。
[伊那市HP] http://www.inacity.jp/index.html
http://www.inacity.jp/kurashi/kankyo_keikan/kankyo_news/kankyouten2016.html

太陽光LEDオルゴールとは。。。LEDに電気をつなぐとLEDが光る現象は良く知られています。
逆に、太陽の光をLEDで受けると発電してできた電気を用いて、オルゴールのICを鳴らす電子工作です。

20161101_1

会場の外では早くも!さまざまなお店が立ち並び

20161101_2

伊那市ならではの美味しい食べ物屋さん!

20161101_3

伊那市の青果物や特産品など産地直売所が賑わっている中。。。体育館の中では準備作業

20161101_4

私たちも電子工作の設営準備!ケガをしないようにケーブルなどはすべて養生テープで固定

20161101_5

ハンダゴテ台や工具セットなども

20161101_6

準備は完了

20161101_8

さすがモノづくりの盛んな信州伊那!

20161101_7

小さい子供から大人まで多くの人が参加

20161101_9

みなさん上手にハンダを使って電子工作を行い

20161101_10

太陽光LEDオルゴールを完成




実は想定した以上のたくさんの参加者が参加して頂き・・・写真を取る暇もなく・・・
予定の30人を大きく上回る45人が参加くださり楽しんでもらいました。本当にありがとうございました。
また自然を大切にするイベントに多くの参加者が集まる伊那市は、素晴らしいところだと思いました。

是非!窓などにおいていただくと、朝!太陽が上がって太陽光が太陽光LEDに当たると、
メロディがなって目覚まし代わりになりますのでお試しください。
また私たちの身近な資源である太陽のエネルギーのすごさを体験してください。

太陽光LEDオルゴールは、
電気電子回路のハードウェアとプログラミングのソフトウェアの両方を学んだ
工学部コンピュータメディア工学科の有志が集まり、自分で回路設計をして基板を作り
自分たちのアイディアをカタチにした作品です。



<<番外編>>

20161101_12

私たちの電子工作イベント終了後、学生たちは最後まで環境展に参加

20161101_14

自然のエネルギーの大切さや自然の食べ物の大切さなどを

20161101_11

体を動かしたり!食べたりしながら体験!子供から大人まで楽しめる環境展でした

20161101_15

また児童たちの展示も大変素晴らしかったです


工学部コンピュータメディア工学科は、
地域に愛される学科となるため、さまざまなイベントに参加するだけではなく、
小学生から高校生さらには社会人や高齢者などの学びのサポートを実施しています。
是非!学びのサポートについては遠慮なく御相談頂ければ幸いです。
※長野県内であれば交通費・謝金は必要ありません。
※ただし材料費が必要な講座もあります。
[関連ページ] 大学で学び!大学を知る!ハードとソフトの連携出前実習
 
https://www.cs.sus.ac.jp/deliveryclass/

20160630_6