東海大学付属第三高校との高大連携合宿2 (電気・電子回路設計編)

東海大学付属第三高等学校との高大連携・午前の理科・物理編に引き続き
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150921_1/
午後の電気・電子回路設計の様子を御報告いたします。

20150922_1

後半は!いきなり電気に関する復習クイズから

20150922_3

午前の講座を使って正解を答えるのではなく

20150922_2

その理由もしっかりノートに書いてもらいます

20150922_4

次は!オームの法則と電子回路を使ったクイズ

20150922_5

答えがまとまったところでディスカッション!

20150922_6

高校で学習してない部分をフォロー頂いて!

20150922_7

代表者が黒板で数式を使って解答を導き

20150922_8

その理由を説明してもらいました!

20150922_12

次は電子部品の足(ピン)の意味をデータシーを用い

20150922_13

まとめた後に、手書きで回路設計に挑戦

20150922_14

PICマイコンの足(ピン)を中心にして、様々な電子部品の足とつなげ

20150922_17

みんなで一緒にディスカッションをしながら、回路図を手書きで設計していき仕上げます

20150922_15

最後に代表者に最終結果ををホワイトボードへ

20150922_16

見事正解!!すばらしい!!

ここで、休憩を。。。。。お疲れ様でした

次の時間は。。。
電気電子回路班とマイコンプログラミング班に分かれて実習が行われます。
電子電気回路班は、ブレットボードを用いて電子部品を回路実装!
マイコンプログラミング班は、センサでモータの回転を制御するマイコン制御プログラミング製作!
さていよいよ基礎と応用は終わったので!実践的な実習を入ります。

なおPICマイコン関連などの電子部品におきましては、マイクロチップ・テクノロジージャパン株式会社の御協力を頂き実施しております。

[関連ページ]
東海大学付属諏訪高校との高大連携合宿1 (理科・物理編)

 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150921_1/
東海大学付属諏訪高校との高大連携合宿 2(電気・電子回路設計編)
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150922_1/