授業風景

[授業風景] CS2コンピュータメディア実験1 – ディスカッション編 –

コンピュータメディア工学科は、1年生でしっかり基礎を授業で学び物理学実験で基礎力を身につけ。
2年生で専門分野の基礎を学びコンピュータメディア工学実験1で実践的かつ応用的な学を身につけ。
3年生で専門分野の応用を学びコンピュータメディア工学実験2および研究室配属で実験的な研究活動をスタート。
そして4年生の卒業研究で自分のアイディアを新しいカタチに実現できるカリキュラムとなっています。
[関連ページ]
コンピュータメディア工学科・学びのステップ
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/

2年生のコンピュータメディア工学実験の特徴は、
実験とディスカッションをセットで実施することです。
[1週目] グループで協力して実験を行い、実験について実験結果や考察を1週間かけてまとめたのち、
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150518_1/
[2週目] 教員との一緒にディスカッションを通じで実験結果や考察を再検討して、
     次の週までに実験レポートを提出します。
このようなきめ細やかな教育を実施することで、基礎力や応用力を身につけます。

今回は、コンピュータメディア工学実験1のディスカッションの様子を報告します。

20150521_1

一週間前の実験結果や考察について

20150521_2

ディスカッションを行った後に

20150521_3

再度!実験結果や考察さらには課題を見直し!!

20150521_7

レポートを仕上げていきます

20150521_4

大切なことは。。。

20150521_5

実験を理解し自分の言葉でまとめること!

20150521_9

分からないところは、教員や仲間と議論すること!

20150521_10

そして!!

20150521_11

最後まであきらめずに

20150521_12

完成させることです


コンピュータメエィア工学実験1は、情報工学の基礎である電気回路や電子回路、
さらには画像音響工学、通信工学、制御工学などの情報系の講義に対応した実験を実施しています。
決して簡単に終わるやさしいものはありませんが、実験を通じて講義の復習さらには応用発展までを、
本学科にしかない実験装置を使って!手を動かしながら学んでください。

そして。。。情報工学を学び!
自分のアイディアでソフトウェアとハードウェアを融合した
新しいカタチを創れる人になってください。


[関連ページ]
受験生のみなさんへ
 https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-request/
コンピュータメディア工学科特集
 https://www.cs.sus.ac.jp/special/