画像・音響・情報分野の平田幸広先生が高大連携報告(その1)

2月7日(土)に駒ケ根総合文化センターで『全国ものづくり高大連携発表会&マッチングフォーラムin駒ケ根』が開催されます。工学部コンピュータメディア工学科で高校生が研究室の先生や学生たちと一緒に実習した様子を紹介します。

(1) 画像・音響・情報分野の平田幸広先生
  『コンピュータグラフィックスを用いた立体映像の制作』について、
   模擬講義で高校生と実習した内容を紹介する予定です。
    平田幸広先生: https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-hirata/

[紹介内容]
“C言語”とグラフィックスライブラリ“OpenGL”などを用いて、コンピュータグラフィックスの立体映像を描くプログラムをインターンシップで高校生と一緒に制作した様子、および実際に制作したコンピュータグラフィックスの例を3Dテレビ等の立体ディスプレイを紹介します。

20141202_4

なぜ人間は立体に見えるの?

20141202_8

アナグリフ赤青メガネを作って立体の仕組みを探求

20141202_10

体験しながら!3D立体映像のしくみを学び

20141202_11

3Dメガネをかけて確認

詳細はコチラを参照ください: https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141202_1/

20140801_4

相談しながらWindowsアプリケーションで!

20140801_8

コンピュータグラフィックスを作成

20140801_6

ディスカッションを実施しながら改善

20140801_1

オリジナルソフトウェアを完成

詳細はコチラを参照ください: https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140801_2/


コンピュータメディア工学科の特徴は!
自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合することで、
ハーツの寄せ集めで作るのではなく!!世界に1つしかない
新しいカタチを作れる人材を育てることができることです!