[岡谷工業高校1年生との高大連携] 諏訪東京理科大学に集合

コンピュータメディア工学科は、情報工学を学び!プログラミングなどのソフトウェアと電気回路・電子回路などのハードウェアを融合した新しいカタチを創る学科です。それゆえ、情報工学系を学びたい学生だけでなく!電気回路・電子回路系を学びたい学生が本学科を訪れます。

今回は、岡谷工業高校の電気科1年生とコンピュータメディア工学科の高大連携の様子を御報告致します。

20141206_1

前日は雪!教員およびTA学生とも心配してましたが。。。

20141206_2

岡谷工業高校の学生のオコナイが良く晴天

20141206_3

現地集合で場所がわかるが心配でしたが

20141206_4

みなさん時間どおりに集まり、食堂で作業着へ

20141206_5

教室に移動して今日の課題テーマを説明

20141206_6

サポートしてくれる学生TAの自己紹介













































[岡谷工業高校・電気科との高大連携のテーマ]
1. 基礎実験(直流測定とオームの法則および交流測定と正弦波交流)
2. キルヒホッフの法則
3. 電子工作『えんぴつオルガンを作ろう』

高校の物理や工業高校の電気回路を学んだ知識を、
コンピュータメディア工学科の実験室と実験設備を使って、
座学だけではなく実験で手を動かしながら確認。
さらには大学の電気回路・電子回路路の面白さを
知ってもらうことが大きな目的です。