お知らせ一覧

2015年03月07日
[研究室と地域との交流] 電子工作体験が学報に掲載

コンピュータメディア工学科の研究室が、地域の子供たちに電気電子工作の楽しさを体験してもらうために、茅野市こども祭りに参加した様子が、諏訪東京理科大学の大学広報誌『918の風』に掲載されました。

20150307_!

研究室の学生たちがアイディアを出し合い!
今までにないソフトウェアとハードウェアを融合した
新しいカタチを設計から開発のすべてを実行してくれました!!
将来の技術者!研究者!としてとても楽しみな学生たちです

[関連ページ] 学生たちによる製作の様子

[6/1茅野市こどもまつり1] 電気電子工作・えんぴつオルガンとは
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140509_1/
[6/1茅野市こどもまつり2] 電気電子工作・えんぴつオルガンの回路製作
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140510_1/
[6/1茅野市こどもまつり3] 電気電子工作・えんぴつオルガン試作機
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/201405011_1/

自分のアイディアを!情報工学に基づいた
C言語/C++/C#/JAVAなどプログラミングによるソフトウェア!と
電気回路や電子回路などの設計開発によるハードウェア!を用いて
新しいカタチにできることが、コンピュータメディア工学科の醍醐味です!

2015年03月06日
学生に合わせた教育方針-基礎学習から専門応用へ-

コンピュータメディア工学科は、自分のアイディア!を
C言語/C++/C#/JAVAなどプログラミングによるソフトウェア!と
電気回路や電子回路などの設計開発によるハードウェア!を
用いて新しいカタチにする学科です。

それゆえ!ソフトウェアとハードウェアの両方を!
基礎学習から応用専門へと学生に合わせた教育方針を実施しています。
step

具体的には。。。コンピュータメディア工学科では、
学生に合わせた教育方針を実施するため、独自の学生支援制度としてプログラミング電気電子回路
さらには微分積分などの基礎科目に対して、学生に合わせた『学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度』
という講座があります(参加は自由です!)。学生の学びたい!と思う自主性を尊重します!

今回はC言語を学ぶプログラミング技術入門における
『学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度』を紹介します。

20141212_4

教室に来た人からプリントをもらって開始!

20141212_3

ノートにプログラムを解いて、マイノートパソコンで確認

20141212_2

分からないことろは友達や先生に聞きながら

20141212_1

分かるまで学生たちの声に耳を傾けます

教員は学生の机を回りながら、
ワンツーマンで学生の声に耳を傾けて、ひとり1人に説明をしたり、
良い質問に対しては黒板やスクリーンを使って全員に説明を実施します。

私たちコンピュータメディア工学科の教員は、
学生に合わせた教育を実現するために!!
『学びたい人を応援する!分かるまでつきあう制度』を実施して
学生の声に耳を傾けながら学びたい学生を応援しています!!!

なおコンピュータメディア工学科のカリキュラムは次のようになっています。
curriculum_1200px

[関連ページ]
[電気回路編] 学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度の紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141204_1/
プログラム技術入門の授業風景
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141208_1/
コンピュータメディア工学科の紹介と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/

2015年03月05日
東京理科大学との教育および研究の活発な連携

 コンピュータメディア工学科は、東京理科大学は姉妹校であることか、
東京理科大学との教育および研究などさまざまな連携を活発に実施!
基礎的な学びからハイレベルな実践まで身につけます!

本学科では、東京理科大学の教員を講師としてお招きして
情報工学など様々な分野について講義を実施。
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141104_1/
131104_04 20141103_6

本学科にいながら、東京理科大学の情報工学になんする講義を受けられる貴重な時間でもあり、
東京理科大学に編入学・大学院進学を目指す学生たちは、様々な質問が可能な時間となります。

oobawatanabe

[東京理科大学への編入学と大学院進学]
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-interview_admit/

hennyu_step

また研究面では、東京理科大学の研究室と一緒に研究を実施したり、合同で研究発表会を実施したりしています。
tanabe-0520150306_1

その成果として、多くの学部4年生や大学院生が、学会にて受賞をしています。
20150122_6131021_01


[学会での受賞]

名取完くん(東海大学付属甲府高校出身)、山口千佳さん(豊科高校出身)、野本佳織さん(豊科高校出身)の受賞報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150122_1/
鈴木雄己くん(長野日本大学高等学校出身)、武田駿(飯田OID長姫高校出身)の受賞の報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140120_1/
両角葉月さん(岡谷工業高校出身)の受賞の報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/2013_10_21-2/

p1-p2

2015年03月04日
[キャンパスライフ] 学生生活!編入学!研究活動!大学院進学!

コンピュータメディア工学科は、自分のアイディア!を
C言語/C++/C#/JAVAなどプログラミングによるソフトウェア!と
電気回路や電子回路などの設計開発によるハードウェア!を
用いて新しいカタチにする学科です。

コンピュータメディア工学科は、
売っている売り物で満足する世界から
作りたいものを自分で作れる人材を育てます!

そんなコンピュータメディア工学科のキャンパスライフをご覧ください!

1.授業の様子

131127_1

物理や電気電子の授業で学んだことを

20140606_9

実験として確認できるカリキュラム

20141208_7

マイパソコンを持って実践的なプログラミング

20141212_3

学びたい学生を応援する!分かるまでつきあう制度

[関連ページ]
電気回路の授業の様子と学ぶことを応援する“分かるまで付き合う制度
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141212_1/
プログラム技術入門の授業の様子
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141208_1/
授業と実験が対応したカリキュラム
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140606_1/

 


2.2014年に入学した1年生の声
  
https://www.cs.sus.ac.jp/nyugakusei/
voice_off

3.編入学・大学院進学した学生の声
  
https://www.cs.sus.ac.jp/course-interview_admit/

natori_on

4.3年生や4年生の学生の研究活動
https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/campuslife-yamaguchi/
https://www.cs.sus.ac.jp/students/
yamaguchi_message

5.就職した先輩たちからのメッセージ
https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/

kuwabara_on moriya_on

2015年03月03日
企業と共同で製作したゼミオーダーエレキギターアプリが紹介される

日本で多くのエレキギターを製作している株式会社ダイナ楽器 DYNA MUSICAL INSTRUMENTS ( https://dynamusic.co.jp/ )の自社ブランドの販売を支援するために、コンピュータメディア工学科の田邉造研究室が、ダイナ楽器のエレキギターを、Android/iPhoneなどの携帯電話やタブレットさらにはパソコンから、自由にエレキギターの部品を選択して購入できるセミオーダーアプリを製作!

20150303_1 20150303_2

画面をタップする(押す)と、様々な部品の好きなパーツを選ぶことができ、そのセミオーダーに対応した値段も表示されます。さらに、世界初の技術としてセミオーダーしたエレキギターがどんな音が鳴るのかを、弦ををリックする(なぞる)と音が鳴って確認できます。

実際に下記のURLをクリックして体験してください!
https://dynamusic.co.jp/app/guiter_customize/index.html

セミオーダーエレキギターを地域と企業を一緒に作ったことが、茅野市の新技術・新製品展示会で紹介されました!
20150303_4
20150303_6

エレキギターを構成するネック、ボディー塗装、ブリッジ、ピックアップ(フロント、センター、リア)など11 項目、数万通りの組み合わせからオリジナルギターが作れるほか、弦の部分をクリックすると音を聞くことができ、部品ごとの音の違いを確認できます。ギター好きの方はぜひ利用してみてください。

コンピュータメディア工学科で情報工学を学ぶことで
自分のアイディアで!ソフトウエアとハードウエアを融合した新しいカタチとして
みんなが笑顔になる技術を創造する学科です! 新しい時代を!一歩前に!ともに歩みませんか!

2015年03月02日
ソフトとハードを融合した新しいカタチの挑戦!

コンピュータメディア工学科は、自分のアイディア!を
C言語/C++/C#/JAVAなどプログラミングによるソフトウェア!と
電気回路や電子回路などの設計開発によるハードウェア!を
用いて新しいカタチにする学科です。

今!コンピュータメディア工学科は、メディアラボにて。。。学生たちが主体となって!!大学で学んだ電気電子回路の設計・開発によるハードウェア!およびプログラミングによるソフトウェアの知識を使って、だれにもマネできない新しいカタチを製作中です! ちっとだけ見てみましょう!!

20150302_1

LEDを縦16個x横16個の256個を並べる治具を作って製作

20150302_2

LEDを制御する制御基板とLEDをつなげる装置も一つひとつ自分たちの手作り

 

20150302_3

学生たちが大学で学んだ!電気電子回路の知識を用いて制御基板を設計開発!

どれをとっても!学生たちがコンピュータメディア工学科で学んだソフトウェアとハードウェアの知識を用い!アイディアを出し合いながら世界に1つしかない!!新しいカタチを製作しています。

モノを買ったり組み合わせたりして満足する人材ではなく!!
自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合させて、
作りたいモノの仕組みや原理を理解して、1から作りたいものを
自分の手で作り!人を笑顔にする(人の役に立つものを創る)人材を育てるのが!!
コンピュータメディア工学科の教育の大きな特徴です。

[関連ページ]
メディアラボ特集1-メディアラボとは-
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140213_1/
メディアラボ特集2-3Dコンピュータグラフィック実験装置
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_1/
メディアラボ特集3-通信ネットワークのプロトコル解析実験装置
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_3/
メディアラボ特集4-電気電子工作
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140215_2/

学生に合わせた教育方針-基礎学習から専門応用へ-
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150226_2/

各研究室やメディアラボを体験する高校生のインターンシップの様子
[岡谷南高校インターンシップ1] 松江・山口研究室の次世代無線通信ネットワークの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141110_1/
[岡谷南高校インターンシップ2] 奈良研究室のウェアラブルコンピュータの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141111_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  体験編 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141112_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編1 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141113_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編2 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141114_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編3 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141115_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編4 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141116_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ – 作品編5 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141117_1/
[岡谷南高校インターンシップ4] 暗号とバーチャルリアリティの研究室公開
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141118_1/
[岡谷南高校インターンシップ4] CGと知能ロボットと医療の研究室公開
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141118_2/
[岡谷南高校インターンシップ5] ソフトとハードのものづくりの体験 
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141119_1/

2015年02月25日
[学科紹介] 実践力を身につけるインターンシップ

私たちの身の回りにのすべてのものは、たとえば自動車や携帯電話やテレビさらにはゲーム機などは、ソフトウェアとハードウェアが一緒になって出来あがっています。
 それゆえ、今後の社会をリードして経済を成長させるのは、自分のアイディア!を、プログラミングなどのソフトウェアや電気電子などのハードウェアを融合した、新たなカタチを創造する(つくる)人だと、コンピュータメディア工学科は考えています。
[学生がアイディアをカタチ!]
セミオーダーエレキギターアプリ製作!と 音に反応する3D LED Cube!
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150202_1/
メディアラボ特集
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140215_2/

131111_2

コンピュータメディア工学科では、情報工学に基づいた!画像・音響・通信・制御・コンテンツ、電気回路・電子回路・組み込み技術などのを学び学科となっていることが大きな特徴です。
[授業の様子]
物理学実験 — 授業に実験が対応 —
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140606_1/
プログラミング ー ソフトウェア ー
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141208_1/
電気回路・電子回路 ー ハードウェア ー
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140217_1/
[キャンパスライフ]
 https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-project/
 https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/campuslife-yamaguchi/

20140126_1 131204_2

 

 

 

 

 

またコンピュータメディア工学科は、情報工学を学び、ディジタルメディアを発信できる人材を育てるために、大学の座学授業や演習さらには実験実習で理論的な学術を学ぶだけではなく、企業などで実用的な技術も学ぶインターンにも力を入れ、実践的な力を身につけることができます(下記は岡谷工業高校出身・両角葉月さん)。またこの取り組みは、就職活動に大きなちからとなります。20140214_1 [インターンシップの様子]
名取完くん(東海大学甲府高校出身)のインターンシップ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/2013_11_20/
山口千佳さん(東海大学甲府高校出身)のインターンシップ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/2013_10_22-2/

[就職した先輩たちからのメッセージ]
画像処理を研究して大手ソフトウェア企業に就職した先輩からのメッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-kuwabara/
ディジタル信号処理を学び地元電源メーカに就職した先輩からのメッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-moriya/

コンピュータメディア工学科で、
あるものを買って満足することから!
自分のアイディアで作り上げることができる人材となり!
次の新しい世界を一緒に歩みませんか!!

2015年02月25日
[通信・ネットワーク分野] 杉田誠研究室学生の研究内容

杉田誠研究室は、情報工学に基づいた暗号やネットワークセキュリティなどの研究を行うことで、安心・安全な社会を目指して目指しています。

(1) 二次ふるい法を用いた素因数分解のGPUプログラミングによる高速化
現代の情報社会では情報セキュリティが必須の技術であり、その基本技術として暗号技術が不可欠なものとなっております。近年計算機の能力向上による安全性低下が叫ばれており、そのため本研究室ではコンピュータを用いて実際の解読することによる安全性の評価を行っています。

20150225_1 20150225_2

具体的には、最も広く使われている暗号技術の一つであるRSA公開鍵暗号の安全性の根拠となっている素因数分解の実装研究を行うために、近年スパコンなどで活用されているGPGPUを利用した並列高速実装を行っています。現在素因数分解として最も高速と言われる方法は数体ふるい法ですが、本研究室では二次ふるい法による素因数分解実験を行っています。

(2) Metasploitを用いたバックドアの作成
近年の情報社会においては多種多様なシステム、ソフトウェア、プロトコルが用いられております.今日の企業ネットワークの保護には、単なるパッチ管理やファイアウォールのみではなく、サイバー攻撃などに対する対策なども必要になってきています。
 サイバー攻撃については、近年はターゲットを明確に定めた標的型攻撃が多くなってきて来ているため、Metasploit を使うことによって、それまで発見されていなかった弱点を発見し、そうした弱点に対する対応を研究しています.

20150225_3 20150225_4

暗号・情報セキュリティの世界は、数学的な知識が必要となりますが、
これからの情報化社会には必要不可欠な研究分野です。

コンピュータメディア工学科で!安心安全な情報化社会を学び構築しませんか.

[関連ページ]
[通信・ネットワーク分野] 松江・山口研究室学生の研究紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150126_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150128_1/
[画像・音響・情報分野] 平田幸広研究室学生の研究内容紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150129_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150130_1/
[計測・制御・知能分野] 市川純章研究室学生の研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150131_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150201_1/
[計測・制御・知能分野] 清水俊治研究室学生の研究内容
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150218_3/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150219_1/

2015年02月24日
[特別奨学生制度] 一般入学試験受験者からの追加採用決定

諏訪東京理科大学には、学生たちを応援する!多くの奨学金が存在しています。
特別奨学金: https://www.cs.sus.ac.jp/scholarship-student/
給付型奨学金と貸与型奨学金: https://www.cs.sus.ac.jp/scholarship/

今回は、一般入学試験受験者から最大4年間!授業料後期分が免除される奨学金制度
追加募集される
ことになりました

shogakusei

追加採用される特別奨学金の選抜の流れ!

tokubetsu_shogakusei1

1.2月03日(火)必着のA方式前期試験を出願
  A方式前期試験を原則60点以上得点して合格
  
もしくは
      2月27日(金)必着のA方式中期試験を出願

  A方式中期試験を原則60点以上得点して合格
    ※A方式前期試験合格者にもA方式中期合格者にも
     以下の2と3を満たせば特別奨学金授与されます

2.3月10日(火)必着のB方式後期試験を出願
  B方式後期試験を受験して合格

3.1と2の両方と調査書より総合的に判断

なお特別奨学金について聞きたいことがある受験生、および
一般入試等の過去問を手に入れたい学生は、遠慮なく
次の学科お問い合わせhttps://www.cs.sus.ac.jp/contact/ 
に御連絡頂ければ幸です。

コンピュータメディア工学科・教員一同

2015年02月24日
東京理科大学に編入および大学院進学した先輩のメッセージ

諏訪東京理科大学は東京理科大学の姉妹校なため、
工学部コンピュータメディア工学科にも東京理科大学への
3年次編入学制度大学院進学制度および研究交流があることを紹介します。
[関連ページ]
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/
20141203_2

コンピュータメディア工学科の研究室は、東京理科大学と活発な研究交流を実施し、多くの賞を受賞しています。
[関連ページ]
河村学長先生に学会より頂いた学生奨励賞の受賞報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150122_1/
本学4年生が河村学長先生に論文賞受賞の報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/2013_10_21-2/
河村学長先生に学会より頂いた学生奨励賞の受賞報告
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140120_1/

 

また諏訪東京理科大学に入学し、3年次から研究室仮配属したディジタル信号処理研究室で移動体無線通信OFDMの研究を行った後に本学大学院に進学。その後、東京理科大学大学院に進学して現在も移動体通信OFDMの研究を続けている名取隆廣君のメッセージを紹介。
20140123_2-1024x944

さらに、東京理科大学(野田キャンパス)に編入した渡辺泰平君と東京理科大学大学院(神楽坂キャンパス)に進学した大場正太君のメッセージも紹介。
[関連ページ]
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/#senpai

20140121_5

情報工学を学び、
自分のアイデアソフトウェアハードウェアを融合した
新たなカタチとして実現できる!コンピュータメディア工学科で学んでみませんか!!


[関連ページ]
東京理科大学への編入学と大学院進学
 
https://www.cs.sus.ac.jp/course-interview_admit/
就職した先輩たちからのメッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-kuwabara/
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-interview_graduates/
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-moriya/

 

 

 

2015年02月21日
コンピュータメディア工学科における医療と工学の医工連携!

工学部コンピュータメディア工学科では、
情報工学を学び!ソフトウェアとハードウェアの両方を学びます。
[関連ページ]

プログラミングの授業の様子!および学びたい学生を応援する分かるまでつきあう制度
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140217_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141212_1/
電気回路の授業の様子!および学びたい学生を応援する分かるまでつきあう制度
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141208_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141212_1/

そして!3年生から「画像・音響・情報」「通信・ネットワーク」「計測・制御・知能」と、それらをつなぐ「ディジタルメディア創成」に分かれた後に各研究室で先輩たちと一緒に実践的な研究、4年生では未来的な研究を行います。
[関連ページ]
学生に合わせた教育方針とカリキュラム -基礎学習から専門応用へ-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/

工学部というと医療分野と関係がないように見えますが。。。
コンピュータメディア工学科では、病院や福祉施設さらには企業と連携を取って、医工連携にも取り組んでいます

『画像・音響・情報の田邉研究室
iPhone/Android型自動カラオケアプリ!カシレボの開発や画像の鮮明化の研究も行っていますが、
最近注目が集まっている腸の動きの動き解析、および腸の動きを3D表示することで、健康診断する研究を行っています。

20150216

腸は最近ホットな話題で!明日[2/22(日)午後9時00分~9時49分]のNHKスペシャルでも、
腸のことが取り上げられ、腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー題して放送されます。
[NHKスペシャルのホームページ]
 http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0222/index.html
腸は、美肌やダイエットなどの美容、がんや糖尿病、うつなど・・・腸内フローラが私達の健康に様々な影響を及ぼしていることがわかり今注目を集めているそうです!
[関連ページ]
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150216_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150217_1/

『通信・ネットワーク分野の松江・山口研究室
無線通信やネットワークの研究ももちろん行っていますが、レーダを用いて寝ている人の呼吸の微少変化を計測する装置の実験、および健康状態を遠隔地から見守るシステムの開発を実施しています。
20150128_1

[関連ページ] 松江・山口研究室
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150126_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150128_1/

『計測・制御・知能分野の清水研究室
制御工学に関するの研究も行っていますが、脳活動を計測することによって脳の仕組みや知能について明確にする研究、さらには人間工学に基づいた福祉器具の研究も実施しています。

131204_3131204_1

[関連ページ] 清水研究室
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150218_3/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150219_1/

[関連ページ]
学科の紹介と学科の強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/
未来を切り開くメディアラボ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140213_1/
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_1/ 
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_3/
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140215_2/     
6月オープンキャンパス・相原先生の体験講座の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140629_5/
6月オープンキャンパス・研究室公開の様子

 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140629_6/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140629_7/
7月オープンキャンパス・清水先生と市川先生の体験講座の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140720_3/
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140720_4/
7月オープンキャンパス・研究室公開の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140721_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140722_1/
8月オープンキャンパス・田邉先生の体験講座の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140813_1/
8月オープンキャンパス・研究室公開の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140814_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140822_1/
9月オープンキャンパス・平田先生と河合先生の体験講座の様子
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140907_3/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140911_1/
9月オープンキャンパス・研究室公開の様子
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140912_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140917_1/

2015年02月19日
[計測・制御・知能分野] 清水俊治研究室学生の研究内容(その2)

コンピュータメディア工学科HPでは、
本学科の先生方の研究室で 学生が取り組んでいる研究活動
およびキャンパスライフについてシリーズでお届けしています。

それは、私たちコンピュータメディア工学科のことを良く知って頂いて、
私たちと一緒に!新しい時代を!一歩前に!ともに歩みたいからです。

世界最強の武器であるアイディアを!
ソフトウェアとハードウェアを融合した新しいカタチを実現することで
人を笑顔にする技術を私たちと一緒につくりませんか。

前回に引き続き、清水研究室学生の研究内容紹介です。
次の写真は台湾で開かれた国際学会で初めて発表した様子です!
20150219_1  20150219_2

左の写真は,発表1時間前で,笑顔はなく緊張しか見えません。。。。実際に!
自分のアイディアを英語で説明するため本当に本当に緊張して、そして疲れました。
学会が終わって振り返ってみると。。。学生のときにとてつもない貴重な経験をさせてもらい
自分に自信がついたと思っています。

オープンキャンパスの準備の様子!とオープンキャンパスの様子です。
20150219_320170720_22

オープンキャンパス参加者に清水研究室の制御工学が理解してもらって!喜んでもらいえるものを!みんなで工夫して作成。そして当日、できた!動いた!などいろいろな笑顔を見れて、みんなで笑顔。

ヒトが車を運転しているときの脳活動を計測することで,
ヒューマンサイエンスを研究し,人間について明らかにされていないことを数値化している様子です.車を運転するヒトの動作を筋電位等を使って生体信号を計測することで,新たは人間工学に医療工学に基づく,福祉機器や介護機器の開発を行っている様子です.
131204_1 131204_3

  

今年の理大祭!終了後のお疲れ様会の様子です。清水研では,毎年お好み焼きを売っています。来年も恐らくお好み焼きをやるはずなので,是非食べに来てください。打ち上げには,毎年OG・OBの方が来てくれます。 
20150219_4

制御工学を学び,新たな人間工学と医療工学に基づいた,
ヒトのためになる福祉機器や介護機器などの開発も一緒に行いませんか。

2015年02月18日
[計測・制御・知能分野] 清水俊治研究室学生の研究内容(その1)

清水俊治研究室では、制御工学に基づいた医用工学およびヒューマン・サイエンスに関する新たな技術の発掘に挑戦しています。第1回目は,清水研究室が現在挑戦している計測・制御・知能制御分野を紹介させて頂きます。

国際交流として!清水研究室はJENESYS2.0 科学技術青少年交流として、ベトナムの大学生と交流をしました。
20150218_31

お昼ご飯を一緒に食べたり、清水研究室の研究をみんなで紹介しました。最初は。。。
なかなか会話がスムーズに進みませんでしたが、一生懸命に英語で丁寧に説明すると意思疎通が出来ました。
また私たちの説明に熱心に耳を傾けてくれるだけではなく!多くの質問もして頂き!研究活動に国境はないんだ!と思いました。なお素敵な飾り物とキーホルダーも頂いてしまいました。

長野しんきんビジネスフェアにも研究室で参加!
先生と学生みんなで一緒に遅くまで残って!産学官連携出展コーナーに
出展する製作物やポスターなどを製作!当日みんなで研究成果を紹介しました。

20150218_36

清水研究室の展示コーナー完成

20150218_34

脳活性や3次元動作解析を用いた研究成果は

20150218_32

多くの参加者の足が止まり!!

20150218_33

活発な議論をすることができました

コンピュータメディア工学科は、
自分のアイディアでソフトウェアとハードウェアを融合した新しいカタチによって、
今までにどこにもない!!人とモノをツナグ技術を作り人を笑顔にできる技術!
を清水研究室は研究しています。

清水研究室のオープンキャンパスの様子
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140720_3/

20140721_14

脳活動の計測・制御の様子

20140721_15

脳の活動の様子から未知の分析!

20170720_21

医療分野やロボット分野さらには自動車や電車など

20170720_24

制御の仕組みを電気電子工作で体験!!

人間の脳や動きを測る計測工学!
制御工学を用いた車や電車などの自動運転技術!
さらには知能工学による知能ロボットなどの技術!
医療医用工学による人を助かる技術の開発などなど!
を研究したいと思っている学生は、是非!私たち清水研究室で、
私たちと一緒になって、未来のカタチをつくりませんか。

いつでも私たちはみなさんをお待ちしています!

[関連ページ]
[通信・ネットワーク分野] 松江・山口研究室学生の研究紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150126_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150128_1/
[画像・音響・情報分野] 平田幸広研究室学生の研究内容紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150129_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150130_1/
[計測・制御・知能分野] 市川純章研究室学生の研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150131_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150201_1/

2015年02月17日
『iPhone型自動カラオケアプリ!カシレボの未来』と題して学生が発表

ララオカヤで開催された『ものづくりフェア2015inおかや』にて、
『画像・音響・情報分野』田邉造研究室の名取完くん[山梨県東海大学付属甲府高校]が
『iPhone型自動カラオケアプリ!カシレボの次のカタチ』と題して学生が発表しました。

20150217_1

[関連ページ]
名取完くんのキャンパスライフ: https://www.cs.sus.ac.jp/students/natori/        
                https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141126_1/

20150217_2

山口さんの発表に引き続き、名取くんの発表にも、多くのお客さんが来て頂き!盛り上がりました

20150217_3

今までの成果としてiPhone型の自動カラオアプリ!カシレボを実演。驚きもおきました!!

 

20150217_5

アジア最大級の最先端の展示CEATEC JAPAN 2014に出展した雑音抑圧器を使って

 

20150217_4

雑音を消す技術も紹介!ソフトウェアだけでなくハードウェアも完成したことを実演しました

20150217_6

次の技術として!タブレットとテレビが連動して

20150217_7

さらに音質が向上する技術を紹介!

20150217_8

多くの驚き!と拍手!を頂きました

20150217_9

またたくさんの活発な質問を頂き

20150217_10

新たなカタチのヒントを頂きました

名取完くんは、現在の研究をさらに進歩させるために!大学院に進学して、企業とともに共同研究を通じて、研究を続けることが決まっています。今後が楽しみな研究の一つです。

自分のアイディアソフトウェアハードウエアを融合した新しいカタチ実現する
コンピュータメディア工学科で、新しい時代を!一歩前に!ともに歩みませんか

[関連ページ]
工学部・コンピュータメディア工学科の内容と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/
ものづくりフェア2015in岡谷に清水研究室が出展
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150207_1/
ものづくりフェア2015in岡谷に田邉研究室が出展
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/0150215_1/
『第2の脳!腸の動きが分かるアプリ開発』と題して学生が発表
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150216_1/

[通信・ネットワーク分野] 松江・山口研究室学生の研究紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150126_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150128_1/
[画像・音響・情報分野] 平田幸広研究室学生の研究内容紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150129_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150130_1/
[計測・制御・知能分野] 市川純章研究室学生の研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150131_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150201_1/

2015年02月16日
『第2の脳!腸の動きが分かるアプリ開発』と題して学生が発表

ララオカヤで開催された『ものづくりフェア2015inおかや』にて、
『画像・音響・情報分野』田邉造研究室の山口千佳さん[長野県豊科高校出身]が
『第2の脳!腸の動きが分かるアプリ開発』と題して学生が発表しました。

20150216_1

画像をクリックすると発表概要を見れます!

[関連ページ]
山口千佳さんのキャンパスライフ: https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/campuslife-yamaguchi/
                                                 https://www.cs.sus.ac.jp/students/yamaguchi/

20150216_2

長野県が3年連続!男女共に全国1位の長寿県になり

20150216_3

長寿と第2の脳!と言われる腸の関係について説明

アメリカの神経生理学者のマイケル・D・ガーション医学博士によれば。。。
人間が必要な栄養の9割を腸で吸収するだけでなく、脳に存在しているはずの神経伝達物質「セロトニン」が腸にも存在し、体内のセロトニンの95%が腸で作られていることから腸は第2の脳と言われ!加えて、
セロトニンはストレスなどから人間を守る!ことから近年の医学の進歩で重要性が増しています。

20150216_4

腸の動きが分かるアプリを開発したことを報告

またコンピュータメディア工学科の醍醐味である!
腸の動きを解析するアプリケーションを自分のアイディアを用い、ソフトウェアとハードウェアを融合した新たなカタチとして!!世界のどこにもない腸の動きが分かり!そして腸の動きを解析する!アプリケーションを自分で作ったことを報告!!

20150216_5

テレビでも著名な方々などの質問に

20150216_6

丁寧で分かりやすい回答をしました

さらに腸の動きを3D表示を実現できたことを紹介しました!会場からも驚きがありました!
20150216_7

山口さんは、現在の研究が生かせるソフトウェア開発の会社へ就職が決まり3月で卒業ですので、
3年生の後輩に引き継ぎ、今後は長野の医療機関と、さらに連携を深めて研究を続けていく予定です

あるもので満足せず!
自分のアイディアを研究を通じて新しいカタチにする!!
それがコンピュータメディア工学科の醍醐味です。

[関連ページ]
工学部・コンピュータメディア工学科の内容と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/
ものづくりフェア2015in岡谷に清水研究室が出展
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150207_1/
ものづくりフェア2015in岡谷に田邉研究室が出展
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/0150215_1/

2015年02月15日
ものづくりフェア2015in岡谷に田邉研究室が出展

コンピュータメディア工学科は、ララオカヤで開催される『ものづくりフェア2015inおかや』に
計測・制御・知能の清水俊治研究室https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-mci-shimizu/
画像・音響・情報の田邉造研究室 : https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-tanabe/
が参加しました。

今回はディジタル信号処理を用いて画像・音響・通信などの
携帯アプリなどを研究している田邉研究室の出展の様子を報告いたします。
田邉造研究室https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-tanabe/

20150215_1

8時集合して出発!!寒いです!!

20150215_2

ララオカヤには一番乗り!展示準備開始

20150215_3

岡谷南高校の学生から綿あめをもらい!元気に!!ありがとうございます(後日!お礼に記事にします)

20150215_4

前日まで何が喜んでもらえるか!最後まで考えて。。。今回は、電気電子回路製作の3D LED Cube と 音響で!!!

20150215_5

超小衛星ぎんれいにも使われた、光で音楽を送り太陽光パネルで受信する可視光通信は大人気!

 

 

20150215_6

目で見て!音を聞いて!最新の技術!に触れてもらい、コンピュータメディア工学科の醍醐味を知ってもらいました

20150215_7

田邉研究室と長野の企業と共同で電気電子回路設計をした雑音抑圧装置!胸ポッケとに入る大きさ!!

20150215_9

自動カラオケアプリ!カシレボや自作した雑音抑圧装置を実演

20150215_8

名取完君(東海大付属甲府高校出身)が地元テレビ局から研究内容の取材も受けました!

iPhone型自動カラオケアプリ!カシレボhttps://www.cs.sus.ac.jp/info/20130119/
世界最大の SEATEC JAPANに出展        https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141126_1/

20150215_11

また鈴木雄巳君(長野日本大学高校出身)も 3D LED Cubeの取材を受けました

 

20150215_10

学生が設計から開発まですべて手作りしたCubeには、地元の技術者から多くの質問があったり!

20150215_12

音でパターンが変わる 3D LED Cubeはみんなの目をクギ付けに!!

コンピュータメディア工学科は!情報工学を学び
自分たちのアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合させて
新しいカタチを創る人材を育てる学科です!!

出来上がった商品をただ買って使うことに満足する世界から!
自分で作りカタチにできる世界であるコンピュータメディア工学科と
一緒に歩みませんか!!

[関連ページ]
清水研究室の出展
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150207_1/

2015年02月14日
ものづくりフェア2015in岡谷に清水研究室が出展

コンピュータメディア工学科は、ララオカヤで開催される『ものづくりフェア2015inおかや』に
計測・制御・知能の清水俊治研究室https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-mci-shimizu/
画像・音響・情報の田邉造研究室 : https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-tanabe/
が参加しました。

今回は医用・福祉工学・ヒューマンサイエンスを研究している清水研究室の出展の様子を報告いたします。
清水俊治研究室https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-mci-shimizu/

20150207_01

8時30分に荷物をみんなで積み込んで会場へ

20150207_02

脳の活性状態を計測する装置の展示

20140721_14

オープンキャンパスにて

20140721_15

実際に研究活動を実演した様も説明

7月のオープンキャンパスの様子: https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140722_1/

20150207_03

3次元解析装置およびマイコンカーも展示!

20150207_04

多くの方が興味を示して頂き

人間工学の研究についても説明: https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140720_3/

20150207_05

研究室の学生と先生で研究生を説明しました

20150207_06

高校の先生ともお会いできました

研究室の日ごろの成果を、多くの人に知ってもらえるように、
ソフトとハードを融合したデモを見せ、説明にも工夫しながらお話しさせて頂きました。

上手く説明できたときは、説明を聞いてくれた方も笑顔になり
とても有意義な機会でした。この経験を卒業論文発表会や就職先などで生かして生きたと思います!

[関連ページ] コンピュータメディア工学科の紹介と強み
 学生に合わせた教育方針のカリキュラム -基礎学習から専門応用へ-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/
 分かるまでつきあう
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140909_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141212_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141204_1/
 3年次からの研究室配属-早期からの専門性を高める-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-laboratory/

2015年02月14日
2/27(金) 工学部入学前親睦会開催のお知らせ

推薦系(推薦入試・専門高校総合学科特別選抜・AO入試)で合格されたみなさまのお手元には、すでにご案内の通知が届いているかと思いますが、「2月27日(金) 工学部入学前親睦会」を諏訪東京理科大学にて開催することをお知らせ致します。
20150214_1

大学に入学するまであと約一ヶ月ほどになりましたね。センター試験活用のA方式前期と筆記試験活用のB方式前期が終わった現在、コンピュータメディア工学科の全教員は推薦系および一般系(A方式とB方式の)みなさまの元気な顔でお会いできるときを楽しみにしながら、みなさまの入学の準備をちゃくちゃくと進めてています。
入試日程: https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-nyushi/#ippana

推薦系で合格したみなさまに御連絡です。2月27日(金)!入学前に諏訪東京理科大学へ来校され、グループワークや食事会さらにはコンピュータメディア工学科所属の先輩たちや先生たちを通して、大学に慣れ、入学予定者の方々と交流を深める工学部入学前親睦会を開催します。是非!参加てみませんか!コンピュータメディア工学科の研究室の先輩や先生から多くのアドバイスをもらえます!

当日はグループワークで車を製作しての競技会と、入学予定者の皆さん、在学生の先輩、教員を交えた食事会などなど楽しい企画が予定されています。コンピュータメディア工学科の学生および教員一同!ご参加をお待ちしております。

ここからは、昨年の工学部入学前親睦会の様子を御報告いたします。
去年のグループワークは「たまご落とし競技会」でした。チームなったみんなと協力して、高い所から卵を落としたときに割れないように、与えられた材料で作ったプロテクターで保護して割れないようにするゲームです。

20140214_2

教室に集まり!先輩たちを紹介

20140214_3

ワークグループ開始!グループ単位でプロテクター製作

20140214_4

ワークグループ終了後は、学生食堂にて先輩たちや教員を交えての昼食会!遠慮なくいろいろ話せます(笑)

20140214_5

楽しい食事で盛り上がった後に、いよいよ「たまご落とし競技会」が始まります

20140214_7

落下傘型プロテクターに卵をつめ、2階から一気に落とします!いろんな歓声があがります!

20140214_6

もちろん良い成果を出してくれた上位グループには商品も!あります。商品の内容はお楽しみです

 

「たまご落とし競技会」の最中は、参加者から大きな歓声!どよめき!がわき起こり、大変盛り上がりました。みんなで知恵を出しながらグループで共同製作を進める中、新入生同士で親しくなり知り会いになり連絡の交換なども盛んにおこなわれました。
 「入学前親睦会」は大学を知り、コンピュータメディア工学科の先輩や教員から多くのアドバイスをもらい、友人を作る良い機会にもなります。2月27日(金)は、みなさまのご参加をお待ちしております。

コンピュータメディア工学科教員一同

追伸
2/27(金)に開催される工学部入学前親睦会についての質問は、
下記のURLをクリックして頂き、御連絡ください。
お問い合わせ:  https://www.cs.sus.ac.jp/contact/

[関連ページ]
進学・就職した先輩たちからのメッセージ
 
https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-interview_admit/
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-interview_graduates/
在学生からのメッセージ
 
https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-project/
 https://www.cs.sus.ac.jp/interview_students/
[学科紹介3]学ぶことを応援する“分かるまで付き合う制度”
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-understand/
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140217_1/
[プログラム編] 学びたい学生を応援する!分かるまでつきあう制度
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141212_1/
[電気回路編] 学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141204_1/

2015年02月13日
[卒業論文発表会2015] 午後の部・ポスター発表

卒業論文発表会 午前の部・口頭発表に続き( https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150212_1/ )、
午後からは、午後の部・ポスター発表が実施されました。

午後のポスター発表の特徴は、研究室の前に各自のポスターを掲示して討論者(教員や1年生から3年生)を迎え、研究内容を時間制限がある口頭発表とは異なりデ、ソフトウェアとハードウェアを融合したモンストレーションなど工夫をまじえて深く説明できることが特徴です!
 ポスター発表は発表時間は決まっていないため、発表者と討論者の間で熱心な議論が続きます。特に、3年生から研究室配属があるコンピュータメディア工学科では、1年生から3年生までの学生も熱心に参加します。

20150213_2

ポスター発表の準備が完了。始まる前の緊張です

20150213_1

だんだんと大勢の聴講者で活気があふれます

20150213_3

1人1人が必ず討論者の教員から質問を受け、3年間の研究成果を丁寧に説明します

20150213_4

また在学生からも多くの質問を受け、後輩たちに自分たちの研究を紹介します

午後のポスター発表中の醍醐味は、コンピュータメディア工学科ならではの、自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアとを融合した新たなカタチを創ることです。

掲示されたポスターが研究室の前であることから、様々な装置をポスターの前に置いたり、研究室内に実験装置を用いたりして、研究成果である映像や音、さらには電子回路や電気回路などの製作物などをみせながら、自分のアイデアを具体的に工夫して説明する研究室もありました。

20150213_5

大型ディスプレイを使って実演しながら、具体的に研究内容を詳しく説明

20150213_6

電気電子回路製作して実現した音響機器を聞かせながら、納得のいくまで討論。

20150213_7

プログラミングの課題をどのように解決したか説明

20150213_8

発表は実際の装置も使ってわかりやすく!

20150213_10

1年生から3年生までの学生の多くが
ポスター発表を見学するとともに。。。

3年生は4月からどの研究室に本配属になるか!
みんな、見て!ふれて!説明をききながら!
熱心に先輩たちの研究発表に耳を傾けていました、

卒業研究発表会の審査に合格すると、いよいよ卒業です。
4年間の大学生活の中で身につけた実践力をもとに、社会で大いに活躍してほしいと願っています。

また是非! 自分だけの新しいカタチを身につけ、夢をつくり実現させてくれればと思っています。

2015年02月12日
[卒業論文発表会2015] 午前の部・口頭発表

コンピュータメディア工学科では、3年生から画像・音響・情報分野、通信・ネットワーク分野、計測・制御・知能分野の各研究室に仮配属して、担当教員の指導のもと先輩たちと一緒に研究テーマに取り組みます。
3年生までに修得した知識をもと活発に未来的な研究活動を通して4年間の学びの集大成を卒業論文にまとめ、卒業研究発表会(午前の部・口頭発表、午後の部・ポスター発表)を行ないます。
[関連ページ]
学生に合わせた教育方針 -基礎学習から専門応用へ-:  https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/
3年次からの研究室配属-早期からの専門性を高める-:  https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-laboratory/

2年間の研究成果を発表する卒業研究発表会・午前の口頭発表の様子を報告します。

20150211_1

発表準備を調え、研究室毎に会場へ向かいます

20150211_2

発表前、装置の調整と最終打合せを行います

「通信・ネットワーク分野」 松江・山口研究室の発表
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-matsue/
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-yamaguchi/

秋山君・北澤君の発表タイトル:
「WiFiメッシュネットワークにおける経路制御方式の実験評価と各種センサを組み合わせた通信サービスの実現」
向山君の発表タイトル:
「WiFiメッシュネットワークへの適用を想定したトラヒックロードバランスおよびQoS機能を有する経路制御方式の検討」

20150211_3

秋山君・北澤君の発表

20150211_4

向山君の発表後の質疑応答の様子

「通信・ネットワーク分野」 杉田研究室の発表
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-sugita/

東 君の発表タイトル: 
「Metasploitを用いたバックドアの作成」
直井君の発表タイトル: 
「二次ふるい法を用いた素因数分解のGPUプログラミングによる高速化」

20150211_5

東君の発表の様子

20150211_6

直井君の発表後の質疑応答の様子

「画像・音響・情報分野」 平田研究室の発表
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-hirata/

山田君の発表タイトル:
「円筒型LED残像ディスプレイの製作」

20150211_7

山田君の発表の様子

20150211_8

残像ディスプレイを実際に動作させ実演

「画像・音響・情報分野」 田邉研究室の発表
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-tanabe/

名取君の発表タイトル:
「高音質な自動カラオケ音源生成のためのTEO型ステレオボーカル抑圧手法」
山口さんの発表タイトル
「腸の蠕動運動を時間と周波数で解析する2D-3D可視化アプリケーションの開発」

20150211_9

名取君の発表中に研究成果を実演

20150211_10

山口さんの質疑応答の様子

 

「計測・制御・知能分分野」清水研究室の発表
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-mci-shimizu/

須田君の発表タイトル:
「姿勢制御時における上肢運動機能に関する生体力学的考察」
平林君の発表タイトル:
「画像処理技術を用いた交通弱者のための衝突防止に関する基礎研究」

20150211_11

須田君の発表の様子

20150211_12

平林君の質疑応答の様子

口頭発表の後には、教員および学生から質問があがりますが、発表者はそれらの質問にも丁寧に受け答え、研究内容をさらに詳細に説明しました。3年生は4月から各研究室に本配属となりますので、自分の興味ある研究分野・テーマの発表を熱心に聴講していました。

次回は、卒業論文発表会 午後の部・ポスター発表について報告します。