[大学見学会] 飯田OIDE長姫高等学校

飯田OIDE長姫高等学校のみなさんが大学見学会に来て頂き、
工学部コンピュータメディア工学科の『学科の学び』や『学科の強み』さらに『授業風景』など
画像・音響・情報分野のヴァーチャルリアルティを専門とする平田幸広先生が紹介しました。

20160530_1

雲一つなく天気の良い日

20160530_3

自然と調和した信州茅野の本学は

20160530_4

まわりにたくさんの動植物が

20160530_2

多く存在しています。

20160530_5

飯田OIDE長姫工業高校の学生たちが来校

20160530_6

本学科の紹介やび強みを等を平田幸広先生が紹介

2016CS学科紹介_20160511-001






































































私たちの身近な、家電であるスマートフォンも、インターネットにつながるテレビも、
そして知能も持つロボットも、さらには自動で止まる自動車や電車も、現在のモノのすべては、
電気電子回路のハードウェアをプログラミングのソフトウェアで動かしています。

工学部コンピュータメディア工学科は、情報工学に基づき
電気電子回路などのハードウェアとプログラミングなどのソフトウェアの両方を学び、
自分のアイディアをハードとソフトを融合した新しいカタチとして実現できる学科
として誕生しました。

20160530_9

ハードとソフトを融合した新しいカタチを研究するために様々な研究が行なわれています

20160530_10

画像・音響・情報分野と通信ネットワーク分野の代表的な研究内容

20160530_11

計測・制御・知能分野とディジタルメディア創成分野ので代表的な研究内容

20160530_12

本学科のハードとソフトをしっかり学ぶ構成になっており、講義と実験も対になっています

 

 

2016CS学科紹介_20160511-010

本学科には、学びたい学生を応援する!分かるまでつきあう制度、高校の資格を優遇する単位認定制度、さらには就職を有利にする資格支援制度など、ていねいで!きめ細やかな!取り組みがたくさんあります。2016CS学科紹介_20160511-011

本学科の取り組みに加え、東京理科大学との教育連携によって、東京理科大学への編入!東京理科大学への大学院進学!、さらには学会での多くの受賞につながっています。

20160530_14

本学科の研究活動は様々なハードとソフトの分野で活躍しているだけでなく

20160530_15

高校との教育連携!ハードとソフトの連携実習にも力を入れています


是非!これからの新しい時代を!情報工学に基づく
電気電子回路などのハードウェアとプログラミングのソフトウェアを学び
ハードとソフトを融合した新しいカタチを!一緒に研究して作りませんか。

[関連ページ]
特色ある授業と研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/
本学科の授業の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/class/
東京理科大学との教育連携による編入学・大学院進学

 https://www.cs.sus.ac.jp/course-tus/
地域や中学校・高校などとのハードとソフトの連携出前実習
 https://www.cs.sus.ac.jp/deliveryclass/