[卒業研究発表] 画像・音響・情報分野(その1)

本学科は、『画像・音響・情報分野』『通信・ネットワーク分野』『計測・制御・知能分野』
それらをつなぐ『ディジタルメディア創成分野』の4つの分野あり、
プログラミングのソフト電子電子回路のハード学び!
そして融合した新しいカタチ
人を笑顔にし!社会に役に立つ!
モノづくり
研究活動をしています。

今回は、引き続き工学部コンピュータメディア工学科の
画像・音響・情報分野の卒業研究発表会の様子を報告します。

[バーチャルリアリティー(VR)や拡張現実(AR)研究室の平田幸広研究室]
バーチャルリアリティー(VR)や拡張現実(AR)研究室の平田幸広先生の特徴ある授業と研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/

20160226_4

LED列に並べて回転させディスプレイ映像実現

20160226_6

実際にデモ機も製作!歓声があがりました



 

題目: 円筒型LED残像ディスプレイの製作
概要:
一列に並んだLEDを回転させることにより円筒面に画像を表示することのできる残像ディスプレイについて,回転速度の制御を行うことにより,画像表示位置の安定化を行った。



20160226_7

ジェスチャーで操作するインターフェース作り

20160226_8

デモも実施!たくさんの質問もありました

題目: 手・指のジェスチャを用いたテレビ操作
概要:
手指のジェスチャを用いてテレビのチャンネル切り替え等を行うことを目指し,前段階として,リモコンをジェスチャで操作することを試みた。


20160226_9

大学をバーチャル空間へ!

20160226_10

実際に作ったプリケーションで大学を散歩

題目: バーチャルキャンパス案内のための歩行動作を用いたインタフェースの構築
概要:
実際に訪れることが困難な場所や事前に知っておきたい場所を体験できるようにするために,足踏み動作を用いてCGの中を“歩いて”移動できるインタフェースの構築を試みた。

 

20160226_11

ジェスチャーで音楽を奏でました

20160226_12

実際に実演の様子も!楽しい研究です



題目: ジェスチャを用いた楽器演奏アプリケーション
概要:
モーションキャプチャを用いて,楽器を演奏したことのない人でも演奏した気分を気軽に体験できるアプリケーションの制作を行った。


バーチャルリアリティー(VR)や拡張現実(AR)が
今にでも実現できることを予感させるような!そんな研究内容であり!
デモンストレーションはリアルな迫力がありました



[関連ページ]
[卒業研究発表] 通信・ネットワーク分野
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160223_2/
コンピュータメディア工学科の研究室を卒業した先輩からのメッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/
女子高校生の皆さんへ
  
https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-project/
スワリカ-CS学生の本音の声を紹介
 h
ttp://www.cs.sus.ac.jp/students/