カホン + LED Cube = ソフトとハードの新しい楽器製作!

工学部コンピュータメディア工学科は、
プログラミングなどのソフトウェアと電気電子回路設計などのハードウェアの両方を学び
自分のアイディアを情報工学に基づいたソフトとハードを融合した新しいカタチを創る学科です。
20151113_7

私たちの学科は、『画像・音響・情報分野』『通信・ネットワーク分野』
『計測・制御・知能分野』、それらをつなぐ『ディジタルメディア創成分野』の4つの分野から構成され、
私たちの周りの人々を笑顔にし!さらには社会に役に立つソフトハード融合した研究活動をしています。

今回!コンピュータメディア工学科の研究室に地域企業から依頼されたものは。。。
楽器のカホンとLED Cubeを融合した新しい楽器製作の協力です。20160222_1
コンピュータメディア工学科の強みは、
ハードウェアである電気電子回路を自分たちの手で回路設計開発でき!
さらには、その回路をプログラミングのソフトウェアで制御できる能力を身につけ、
さまざまな分野で研究活動をしていることです。

あるいみ。。。アナログのカホンとディジタルのLED Cubeが融合して
コンピュータメディア工学科から新しいカタチの楽器ができる!
ことを楽しみにしていてください。

[関連ページ]
特色ある授業と研究内容
 https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/
アイディアを新しいカタチに!情報工学に基づくソフトとハードの融合1
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160116_1/
アイディアを新しいカタチに!情報工学に基づくソフトとハードの融合2
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160117_1/
アイディアを新しいカタチに!情報工学に基づくソフトとハードの融合3
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160118_1/