[東京理科大学との連携] マイクロソフトテクノロジーアソシエイト取得

諏訪東京理科大学は、東京理科大学の姉妹校であることから講義や資格取得などの交流、および東京理科大学への編入学・大学院進学などの制度があります。
 またコンピュータメディア工学科は、情報工学を学び、電気回路・電子回路の回路設計などのハードウェアと
C言語/C++/C#/JAVA/MATLABのプログラミングなどのソフトウェアを融合した新しいカタチを創る学科です。

今回は、コンピュータメディア工学科 画像・音響・通信分野の田邉造研究室の片貝悠君(群馬・樹徳高等学校出身)が、東京理科大学・葛飾キャンパスにて開講された、ネットワークの『マイクロソフト テクノロジー アソシエイト(Microsoft Technology Associate)』の集中講座を受講し、資格を取得した体験記を以下に紹介します。
[マイクロソフト テクノロジー アソシエイト]
https://www.cs.sus.ac.jp/wp-content/uploads/2015/04/MTA_leaflet_jp.pdf

20150423_1 20150423_2

 

<片貝悠君(群馬・樹徳高等学校出身)の資格取得体験記>
諏訪東京理科大学は、小さなキャンパスならではの「きめ細かい指導」を実現し、伝統ある東京理科大学の姉妹校の一員として教育および研究の連携による最先端な学びを実現しています。
 私は適応信号処理研究室である田邉造研究室にて3年次から無線通信の研究を行いながら、研究室内の無線・ネットワーク管理を担当しています。研究室の無線・ネットワークの管理をするうちに、もっとしっかりした知識と技術を身に着ける資格を得たいと思うようになり、教育や資格取得などの交流がある東京理科大学が主催したネットワークの資格取得集中講座を受講するきっかけとなりました。
 諏訪東京理科大学は東京理科大学との積極的な交流を実施していることから、今回の東京理科大学主催の資格試験対策講座は,受講料・試験料を大学が負担してもらえる仕組みがあります。またコンピュータメディア工学科は『学びたい人を応援する制度』を用いて積極的にサポートしています。

20150423_3 20150423_4

 

東京理科大学・葛飾キャンパスにて、東京理科大学の学生に交じって「ネットワークの基礎」と「セキュリティの基礎」の2講座を各講座2日間、合計4日間の短期集中講座を受講しました。高い専門知識をもつ先生に、Microsoft社公式のテキストを使って親切丁寧に教えて頂き、また東京理科大学の学生と交流しながら、ネットワークに関する知識を学びました。
 また開設して間もない葛飾キャンパスの清潔感あふれる教室、最新のコンピュータ設備を諏訪のパスワードを用いて資格の取得の予習・復習ができ、さらには諏訪の学生証を用いて図書館も活用して資格取得の勉強ができたのは本当に助かりました。東京理科大学と諏訪東京理科大学の緊密な連携があるからだと思いました。

このようなバックアップ体制のおかげで,充実した4日間の集中講座を終えて、無事に2科目とも資格試験に合格。マイクロソフト テクノロジー アソシエイトの資格を取得することができました。今後も積極的に受講してさらに自分をステップアップさせていきたいと思っています.


[関連ページ] 工学部コンピュータメディア工学科は1人ひとりの学生に合わせた学びをサポート
ココが!工学部コンピュータメディア工学科のポイント!(その1)
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160130_1/
ココが!工学部コンピュータメディア工学科のポイント!(その2)
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20160130_2/