[東京理科大学との連携] 東京理科大学の教員が電気電子情報について講義

諏訪東京理科大学は、東京理科大学の姉妹校であるため
工学部コンピュータメディア工学科東京理科大学との積極的な教育連携を通じて、
東京理科大学への特別編入制度や大学院への特別推薦制度、さらには共同研究
活発に行われています。

20151130_2

今回は、東京理科大学の基礎工学部電子応用工学科の相川直幸先生をお招きして、
電気・電子・情報に関する講義を行なうとともに、最新の研究内容を紹介して頂きました。

20160126_0

16時過ぎからの特別講義に

20160126_2

441教室の大教室は満員

時代的な背景として、文明の初期に機械工学が生まれ、次に日本のお家芸である電気電子工学のハードウェアの時代が来て、それらのハードウェアをソフトウェアであるプログラムが動かす時代に来ていることを紹介。

それゆえ、情報工学を学ぶためには、普遍的な基礎である電気回路や電子回路などのハードウェアを理解したうえで、プログラミングなどのソフトウェアを学ぶ必要性があることを例題を交えて紹介してくれました、

20160126_3

フィルタ設計を例に電気・電子・情報の講義

20160126_4

ユーモアも交えながら分かりやすい説明でした

20160126_6

映像や音響や脳波解析さらにはディジタル回路

20160126_5

さまざまな最新の研究内容をデモを交えて紹介

20160126_7

時間を忘れるくらい楽しい講義でした。また工学部コンピュータメディア工学科が目指す
電気電子回路のハードウェアとプログラミングなどのソフトウェアを融合した新しいカタチ!
の必要性がわかる講義でした。

また最後の相川直幸教授と画像・音響・情報分野の田邉造先生のトークがあり、
(1) 東京理科大学に編入学・大学院進学する意義、
(2) 東京理科大学と諏訪東京理科大学の教育や研究の連携成果、
(3) ソフトとハードの融合した新たなカタチの未来
について、白熱した議論を交わしました。

20160126_820160126_9


 








今後も、工学部コンピュータメディア工学科は、東京理科大学と積極的な教育連携を通じて
東京理科大学への特別編入制度や大学院への特別推薦制度、さらには共同研究を活発に実施していきます。


[関連ページ]
[東京理科大学との連携] 東京理科大学の教員が情報工学について講義
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20151130_1/
東京理科大学への編入学または大学院へ進学
 
https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/
東京理科大学に編入および大学院進学した先輩メッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20151129_1/