[電気回路] 学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度

コンピュータメディア工学科は、自分のアイディア!を
C言語/C++/C#/JAVAなどプログラミングによるソフトウェア!と
電気電子回路などの設計開発によるハードウェア!を用いて新しいカタチにする学科です。
それゆえ、ソフトウェアとハードウェアの両方を学びます!

コンピュータメディア工学科では、プログラミング電気電子回路さらには微分積分
などの基礎科目に対して、『学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度』
という講座があります(参加は自由です!)。

今回は電気回路における
『学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度』を紹介します。

20141204_1

今週学んだ授業の復習を黒板で説明した後

20141204_2

各自が練習問題を解いてももらいます

20141204_3

分からないところをワンツーマンで!

20141204_4

学生の質問に回答します

20141204_5

学生たちの!もう少し知りたい!!という声を

20141204_6

応援する講座です

20141204_8

先生に質問したり、友達に相談したりして

20141204_7

納得したら各自の判断で自由解散となります

 

 

コンピュータメディア工学科は、ソフトウェアとハードウェアの両方を学ぶため、
普通科高校出身者は、電気電子回路系に不安だなと思うし、一方で
工業高校出身者は、微分積分などの数学系に不安に感じると思います。
またプログラミングに関しては、普通科・工業科の出身者ともに不安だと思います。

これらの学生たちにの、学びたい学生を応援する!分かるまでつきあう制度を
電気電子回路!微分積分!プログラミング!などで実施して!
学生たちを応援しています。

コンピュータメディア工学科では、1-2年生でしっかり基礎を学び!
3年生からの研究室に配属されて先輩たちと一緒に研究の基礎・応用を学び、
4年生で未来的な研究活動を実施します!


[関連ページ]
就職した先輩メッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-kuwabara/
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/employment-especialy-moriya/
キャンパスライフ
 https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/campuslife-yamaguchi/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/morozumi/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/natori/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/
コンピュータメディア工学科の紹介と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/