[CEATEC JAPAN 2014] 雑音抑圧器の出展および説明員を体験して

コンピュータメディア工学科『画像・音響・情報分野』の田邉造研究室は、聞きたい音に雑音が雑音が混在してしまって聞き取れない音から聞きたい音だけを抽出する独自の特許技術を研究しています。

この雑音抑圧技術を用いた雑音抑圧器を、長野県内企業とさらに改良して小型化に成功。小型化された雑音抑圧器を幕張メッセで開催されたアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展のCEATEC JAPAN 2014 (シーテック ジャパン)に、長野県内企業の協力のもと出展しました。
[関連ページ] CEATEC JAPAN 2014 in 幕張メッセを随時!学科FBに掲載
   https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141008_2/

20141126_2

以前の雑音抑圧器

20141126_1

小型化された雑音抑圧器

20141126_4

最初から電気電子回路の開発をおこない

20141126_3

内保ケットに入るぐらい小型化に成功

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今回は、雑音抑圧技術の研究を行い、小型化された雑音抑圧器回路の設計開発を企業と一緒に実施した名取完君(東海大学甲府高校出身)が、CEATEC JAPANに企業の方と一緒に説明委員として参加した様子を報告致します。
私たちのアイディアをソフトウェアで実現して!ソフトウェアを使ってハードウェアを動かす!
人の役に立ち人を笑顔にする新しいカタチを創りました!!

20141126_10

企業の雑音抑圧器のブース

20141126_7

出展する雑音抑圧器!デモも実施

 

 

 

 

 

20141126_8

開発した雑音抑圧モジュール。胸ポケットに入る大きさ

20141126_5

多くのお客さんに雑音抑圧器能力を体験してもらいました

 

 

 

 

 




今回の CEATEC JAPAN 2014では、この雑音抑圧器を使ってリアルタイムに
1. 車のロードノイズを消して、カーナビから流れる音声や音楽をクリアーに抽出するデモ
2. 妊婦のお腹の中にいる胎児の心音をクリアーに抽出するデモ
3. 飛行中のマルチコプターからでるモータ音を消して、観測したい対象物の音を聞こえるようにするデモ
4. 携帯電話や補聴器(集音器)など問題となる会話の妨げとなる雑音を取り除くデモ
5. 騒音環境内の工場で雑音を消して、工場内の会話を可能にするデモ
などを体験してもらいました。

大学の研究活動や学会活動では、多くの業種の研究者と意見交換をすることがないため新鮮であり、私たち研究室が考えていた雑音抑圧器の使い方以外のニーズやアイディアを得る機会となりました。
加えて、私たちの研究を聞きに来てくれた研究者に、私の技術を説明して納得して頂くことは難し部分も多々ありましたが、企業の第一線の研究者に『面白いアイディアだね!』や『いいね!』や『すごいね』って言われたときは嬉しかったですし、研究を続けて良かったと思いました

今後も研究活動は続きますが。。。
私たち研究室のアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合した新たなカタチとして実現して!
日常生活で困っている多くの方々の役に立ち!笑顔になる!そんな新しいカタチにればと思っています。

最後に。。。私は大学院に進学予定ですが。。。
私たちのアイディアを新しいカタチにすることをお手伝い頂きました県内企業にお礼を述べるとともに、
雑音抑圧器のブースに足を運んで頂きました研究者の方に重ねてお礼を申し上げます。
机に座って学ぶ座学では得られない生きた声を聞くことができました。
ありがとうございました。

[関連ページ]
キャンパスライフと学生の声および卒業生の声
 
https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/
   https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/
東京理科大学への編入学・大学院進学
 
https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-interview_admit/
学生に合わせた教育方針 -基礎学習から専門応用へ-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/
分かるまでつきあう
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-understand/
3年次からの研究室配属-早期からの専門性を高める-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-laboratory/