[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ – 作品編4 –

前回に引き続き、https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141115_1/
多くの高校生からメディアラボで作られた作品について質問がありました
コンピュータメディア工学科のメディアラボで作られた作品を映像を見ながら紹介します。



4.LTEやOFDMさらにはCDMAなどの無線通信を理解するLED可視光通信
  LED可視光通信とは、送信側ではLEDの光りを用いて情報を光りで送り、受信側ではLEDの光りを太陽パネルで受信することです。

甲陵中学校・出前授業

LED可視光通信の様子


左の写真を使って簡単に説明すれば。。。
 音楽プレーヤーからの音情報がケーブルを通って電気信号に変換され、LEDで光信号として送信側から情報が送られます。
  受信側では、光信号を太陽パネルで受けることで電気信号として情報を受け取り、スピーカーによって電気信号を音情報に変換することで音信号として、もとの音情報が得られる!と言う仕組みです。
 この技術は、信州で作られた小衛星『ぎんれい』にも可視光通信として用いられています。






実際に、学生たちが電気電子回路設計をして手作りした、LED可視光通信の様子の動画を見てみましょう!
この動画を見ることで、携帯電話で目的の人と会話ができる仕組みが分かりますね。

原理や仕組みが分かれば。。。私たちは
自分たちのアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合することで、新しいものづくりができる!ことが分かりますね。そして、私たちの身の回りにあるすべてのものは、ソフトウェアだけでできているのではなく!、またハードウェアだけでできているのでもなく!その両方が融合していることも分かりますよね。

私たちの生活の中の現象を、ブラックボックスとして分からないまま終わる生活ではなく!
コンピュータメディア工学科で、情報工学の基礎から応用を学び!
みんなで一緒に『なぜだろう?』『どうしてだろう?』って考えながら、
さまざまな原理や仕組みを修得しませんか!!!

そして。。。
自分のアイディアソフトウェアハードウェア融合した
新しいカタチの実践的なものづくり!さらには
3年次から始まる研究室配属での未来的な研究活動!
を通じて自分の夢を一緒に実現しませんか



[関連ページ] 岡谷南高校インターンシップ
[無線ネットワーク分野] 松江・山口研究室の次世代無線通信ネットワークの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141110_1/
[ディジタルメディア創成分野] 奈良研究室のウェアラブルコンピュータの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141111_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  体験編 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141112_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編1 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141113_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編2 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141114_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編3 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141115_1/