[岡谷南高校インターンシップ1] 次世代無線通信ネットワークの体験

岡谷南高校の1年生の学生4名が、コンピュータメディア工学科のインターンに来て、大学の生活や各研究室の研究活動を体験しました。今回は、通信・ネットワーク分野の松江英明先生と山口一弘先生の研究室へのインターンの様子を御報告致します。

20141110_2

学科紹介を大学パンフレット

20141110_3

および学科リーフレットを使って説明

VŠw‰Èƒ`ƒ‰ƒV_•_25_‰æ‘œ–„‚ߍž‚Ý_ƒgƒ“ƒ{‚È‚µ

今回用いた学科リーフレット[教員の研究分野] クリックすると拡大

VŠw‰Èƒ`ƒ‰ƒV_— _14_‰æ‘œ–„‚ߍž‚Ý_ƒgƒ“ƒ{‚È‚µ

今回用いた学科リーフレット[学びのステップ] クリックすると拡大

 


コンピュータメディア工学科の紹介が終わった後に、
松江・山口研究室の『次世代無線通信ネットワークの体験』
に関するインターンシップを開始!!


はじめは、レーダーを用いた最新の無線技術の研究紹介です。
SuwaRika2015_02-82

20141110_4

松江先生と小林君(富士河口湖出身)から説明

20141110_5

実際に呼吸観測を体験!

 

 


次に、音声信号を変調させて送信した後に、受信側で復調してもとの音声信号に戻す様子を実験してもらい、オシロスコープで波形を観測しながら、無線通信システムの基礎である変調の仕組み!さらには変調をする理由などを説明!

20141110_6

変調システムを作ってもらい確認。その後

20141110_7

松江先生と山口君(小海高校出身)から仕組みや原理を説明

最後に、岡谷南高校の先輩である向山君が研究している無線通信ネットワークについて説明しました。

20141110_9

岡谷南高校の先輩ということもあり

20141110_8

先輩の説明を聞き入っていました!

私たちが使っている携帯電話の通信の仕組みを体験しながら学び! 次世代の通信を研究している大学生の研究活動にも触れ! コンピュータメディア工学科の特徴である『講義で原理や仕組みを学び』、 『実験をしながらさらに理解を深める』取り組みを体験できたと思います。

無線通信のことで分からないことがありましたら、いつでも松江・山口研究室を訪ねて来てくれれば幸です。
みんなで一緒に次の時代の通信・ネットワークを考えませんか?

20140802_1
















通信・ネットワーク分野の松江英明・山口一弘研究室
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-matsue/
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-yamaguchi/