岡谷工業高校インターンシップ報告会・懇親会

8月に諏訪東京理科大学 工学部 コンピュータメディア工学科へ
岡谷工業高等学校の高校生9名がインターンシップに来てくれました。

[岡谷工業高校のインターンシップ記事]

 [平田幸広研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ1
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140801_2/
 [松江・山口研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ2
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140802_2/
 [杉田誠研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ報告3
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140802_2/
 [田邉造研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ報告4
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140803_1/
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140804_1/

本日[10/09(木)]は、岡谷工業高等学科のインターンシップ報告会・懇親会が、
岡谷市文化会館カノラホールで開催され、本学科も担当した教員が参加しました。

DSC_0919

 


インターンシップでの岡谷工業高校のみなさんの1人ひとりの頑張りが、
元気よく発表されました。

また報告会での発表資料は、非常に良くまとまっており、
写真や図を上手に使っていただけでなく、アニメーションを活用した
非常に良く練られた発表でした。

その後の諏訪東京理科大学に来た高校生と教員との懇談会においても
コンピュータメディア工学科に来てくれた高校生が、たくさん手を上げてくれて、
今後大学に行くために今勉強しておいた方が良いことは何ですか?、
大学に行くことのメリットは何ですか?などなど
率直な意見交換をすることができました、

特に懇談会で嬉しかったことは、研究室が家族のような感じで研究室の教員と大学生の距離が近く、
3年生や4年生の大学生と教員が議論しながら研究を進める風景が、目的を達成するために
一所懸命研究に取り込む姿勢がスゴかったという意見でした。

コンピュータメディア工学科では、3年生から研究に所属して4年生や大学院生と一緒に
研究を進めるため、研究に対する思いが強いと思っています。

コンピュータメディア工学科を良く知って、
ソフトウェアとハードウェアを融合した新しいカタチを実現してみませんか!