[杉田誠研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ報告3

前回の記事 [松江・山口研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ報告2に引き続き、
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140802_1/
岡谷工業高等学校の2年生情報技術科の学生9名が、コンピュータメディア工学科の研究室にインターンに来て、大学の生活や研究室の研究活動を体験した様子をお知らせ致します。今回は、通信・ネットワーク分野の杉田誠先生の研究室へのインターンの様子です。20140802_10
通信・ネットワーク分野の杉田誠研究室
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-cn-sugita/

杉田誠研究室には岡谷工業高等学校・情報技術科2名のインターンシップ希望があり、Autodesk Mayaを用いた3DCG作成をメディアラボにて体験して頂きました。杉田誠研究室の課題は、 既に国宝の『縄文のビーナス』に続き、文化審議会により文部科学相に重要文化財に答申された『仮面の女神』をAutodesk Mayaを用いた3DCG作成実習、およびUnityを用いたコンピュータグラフィックの製作です。
茅野市役所HP: http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000001480000/

20140802_1120140802_12

 

 

 

 

20140802_1320140802_14

 

 

 

 

20140802_1520140802_16

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の杉田研究室でのインターンシップの経験が、将来!コンピュータグラフィックスの経験に役に立って頂ければと思います。 何かありましたらいつでも相談に来て頂ければと思います。コンピュータグラフィックスを実施するには少ない時間の中で精一杯取り組んで頂きました。お疲れ様でした。

[関連ページ]
 [平田幸広研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ1
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140801_2/
 [松江・山口研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ2
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140802_2/