[平田幸広研究室] 岡谷工業高校のインターンシップ報告1

岡谷工業高等学校の2年生情報技術科の学生9名が、コンピュータメディア工学科の研究室にインターンに来て、大学の生活や研究室の研究活動を体験しました。今回は、画像・音響・情報分野の平田幸広先生の研究室へのインターンの様子を御報告致します。

20140724_1
画像・音響・情報分野の平田幸広研究室
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-gsi-hirata/

平田幸広研究室には岡谷工業高等学校・情報技術科2名のインターンシップ希望があり、C++を使ったWindowsアプリケーションの開発をメディアラボにて実施しました。インターンシップの題材はお絵描きプログラム。マウスの左ボタンを押しながら動かして線を描くwindowアプリケーションの製作です。
20140801_420140801_5

 

 

 

 

20140801_620140801_8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色や線の太さを変えられるのはもちろん、描いた絵を保存したり読み込んだり、色の指定には,あらかじめ色を割り当てたボタン、RGBの数値のキーボード直接入力、さらにはスライダーと様々な方法が使えるようにするなど、様々な学生自身のアイディアを考え!それをプログラミングで実現し!!新たなカタチを作りました!!!

20140801_320140801_2

インターンシップに参加した学生の中には、C++を使うのも初めて、Windowsアプリケーションの開発も初めて、ということもあり苦労した部分もあったようですが、情報技術科の学生の熱心なインターンシップの取り組みの成果もあり予定より早くできあがってしまい、急きょ新しいアイディア!タイマー割り込みを使った自動描画機能を追加するほど充実したインターンシップになりました。

20140801_1
今回の平田幸広研究室でのインターンシップの経験が、将来!何かの役に立って頂ければと思います。
何かありましたらいつでも相談に来て頂ければと思います。
インターンシップ素晴らしい取り組みでした!
お疲れ様でした。