[質問への回答] 火を使わない電子ピアノの電子工作を紹介

コンピュータメディア工学科は、自分のアイディアでソフトウェアとハードウェアを融合した新しいカタチを実現する学科です。

今回、茅野市こどもまつりに参加して鉛筆オルガンをハンダゴテを使って電子電気工作した児童から、『ハンダゴテは自宅にないので火を使わない電気電子工作はできませんか?』という質問を頂きました。ありがとうございました!!
[茅野市こどもまつり] 鉛筆オルガンの電子電気考察の様子
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140601_3/

 

児童の質問に答えるために! 学生たちが火を使わない電気電子工作としてブレットボードを用い、ピアノなどの鍵盤楽器を目標に白鍵(はっけん)だけでなく黒鍵(こっけん)もある❝電子オルガン❞を作りましたので御報告させて頂きます。

[火を使わない電気電子工作] 電子オルガン(Short Version)

 

[火を使わない電気電子工作] 電子オルガン(Long Version)

 

私たちが日頃使っている機器の多くは、たとえば携帯電話を例にあげると、電気電子部品や電気電子回路だけで動いているのではなく、それらをプログラミングからなるソフトウェアで動かすことで成り立っています。それゆえ、コンピュータメディア工学科の特徴は、情報工学の基礎から応用までを身につけ、自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアの両面から新しいカタチを実現するために、座学だけではなく、プログラミング(ソフト)や組み込みシステム(ハード)を修得できることです。

今後開催されるオープンキャンパスのコンピュータメディア工学科の研究紹介コーナーにて、この火を使わな電子ピアノを電気電子回路製作できるブースとして実施したいと思っています。是非!コンピュータメディア工学科のオープンキャンパスに来て、様々な研究室のソフトウェアとハードウェアを融合したカタチにふれてみませんか!

 

関連ページ
 メディアラボ特集1-メディアラボとは-
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140213_1/
 メディアラボ特集2-3Dコンピュータグラフィック実験装置
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_1/
 メディアラボ特集3-通信ネットワークのプロトコル解析実験装置
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140214_3/
 メディアラボ特集4-電気電子工作
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140215_2/