[自動運転するクルマづくり講座4] プログラミング開発

自動運転するクルマづくり講座の3限目では、
手書きした自分のオリジナルの電気電子回路を
ブレットボードを用いて実際に電子部品を差し込むことで実現
しました。
[関連ページ]
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20170116_1/

電気電子回路のハードウェアをソフトウェアのプログラミングで動かすことの面白さ!と
その面白さを知ってもらうために、今回何をするのかを説明

20170117_1

まずは、パソコンを取り出して、Pickit3とケーブルをブレットボードとパソコンに接続

20170117_2

先生の指示に従って、プログラムのソフトを電気電子回路のハードに書きこむ初期設定

20170117_4

その後、基礎の基礎であるLED点灯プログラムのプログラムについて説明を来ない

20170117_5

自分のオリジナル回路が間違ってないことを確認。LEDがつくと歓声も!

20170117_6

いろんな色のLEDを点灯させたり消灯させたりするプログラムづくりに挑戦

20170117_7

電気電子回路のハードウェアにプログラムのソフトを書きこむことで命を吹き込み動かします

20170117_8

いよいよ次は、光の色をセンサが感知して、クルマの前輪のサーボモータ、および

20170117_9

後輪のモータをプログラムによって制御するプログラミングに挑戦

20170117_10

まずは、自分たちのアイディアを理論的なロジックに変えて。。。

20170117_11

アイディアをハードウェアとソフトウェアを使って新しいカタチに!

20170117_12

サポートの大学生さんたちも日頃のプログラミングの学びを活かして

20170117_14

高校生や社会人の質問に上手に対応!大学生たちも本当に成長したなって思う瞬間です

20170117_15

いろいろ考えながら。。。

20170117_17

みなさん!ついに完成

20170117_18

赤色の光で後輪モータが止まり!、青色でサーボモータが右に回転して前輪が右に!

20170117_19

緑色でサーボモータが左に回転して前輪が左に。そして参加者たちは応用して

20170117_20

自分たち独自のオリジナルの動作にも挑戦!
ハードウェアの電気電子回路にソフトウェアのプログラムを書きこむことで
自分のアイディアを自由にカタチにできることを知ってもらいました。


[関連ページ] 工学部コンピュータメディア工学科研究室を卒業・修了した先輩たち
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/
20170117_21


キャンパスライフ!在学生の声!!
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/
女子高校生の皆さんへ
 https://www.cs.sus.ac.jp/examinee-project/


[関連ページ]
[未来の自動運転するクルマづくり体験講座] 参加募集のお知らせ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/20161201_1/
[自動運転するクルマづくり講座1] 電気電子回路設計のためのデータシートの読み方
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20170112_1/
[自動運転するクルマづくり講座2] 電気電子回路設計 
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20170113_1/
[自動運転するクルマづくり講座3] ブレットボードを使った電気電子回路設計
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20170116_1/
[自動運転するクルマづくり講座4] プログラミング開発
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20170117_1/