[9/6(日)] オープンキャンパス2- AO入試講座

2015_9OC_AO全体会、および計測・制御・知能分野の市川純章先生による
コンピュータメディ工学科の紹介がおこなわれている最中。。。
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150907_1/

441教室では11時30分から12時20分に
画像・音響・情報分野の平田幸広先生のAO入試講座
『3D立体映像のしくみとその未来 -3D画像を描いてみよう

 補足資料1: https://www.cs.sus.ac.jp/info/20150828_1/
 平田先生の紹介:https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/

20150908_0

準備と打合せが完了!いよいよ始まります

20150908_1

平田幸広先生からの質問!

なぜ私たちの目は、モノを立体に見ることができるのでしょうか?・・・それは・・・
20150909_2
















いろいろな理由がありますが,その中でも大きな要因となるのが,眼が二つある!ということです。
つまり、左右の眼が少し離れいるため,モノの見え方が違ってきます
それを脳が処理をして立体に見えるようになるのです。

20150908_4

手作りの眼鏡式アナグリフを使って

20150908_3

確認してみましょう

20150908_5

確認しながら!

20150908_7

分かったことを忘れずにメモしてもらいます



いくつか異なる原理に基づいた方法が存在していますが。。。空間中に画像を立体的に投影する方法よりも!
実は左右の眼に別々の画像を見せることで立体感を与える方法、たとえば
『アナグリフ』『偏光めがね』『液晶シャッターめがね』などなどが
3次元ディスプレイでは主流であることを紹介するとともに
実際に体験してもらいました。

20150908_8

コンピュータメディア工学科らしく!

20150908_9

見て!ふれて!肌で感じて体験!!

201509008_10

その後に。。。なぜなのか?どうしてなのか?

201509008_11

1つひとつ細やかに!そして丁寧に!

201509008_12

その方式の『しくみ』や『原理』を読み解いていきます

20150908_10

『しくみ』や『原理』を確認したら再度体験して確認





























コンピュータメディア工学科は、きめ細やかな教育でかつ丁寧な教育を目指しています。
学生に合わせた教育方針(基礎学習から専門応用へ)
 
https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/

その中でコンピュータメディア工学科が大切にしていることは
学びたい人を応援する!分かるまでつきあう制度があることです!!
[CS1 わかるまでつきあう制度] 単位履修相談会を開催
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150413_1/
[授業紹介] CS1数学基礎 – 高校と大学の数学をつなぐ –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150508_1/
[電気回路編] 学びたい学生を応援する!わかるまでつきあう制度の紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141204_1/
プログラム技術入門の授業風景
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141208_1/
3年次からの研究室配属-早期からの専門性を高める-
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-laboratory/
[学生の挑戦を応援] NHK杯全国大学放送コンテストに作品出展へ
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150520_1/
[東京理科大学との連携] マイクロソフトテクノロジーアソシエイト取得
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20150423_1/

20150908_11

今までと違った見方ができ

20150908_12

分かったことを

20150908_14

確認しながら

20150908_15

1人ひとりノートにまとめる時間をつくり

20150908_16

3D立体映像の未来についてもかたりました

20150908_13

最後にAOレポートの説明をして終了しました































平田先生による、目で見て!ふれて!肌で感じる体験講座は如何でしたか。
この講座は、AO入試講座より入試に対応した講座です!
それゆえ
<誰でもできる簡単ではなく>難しいところがあったと思います!

しなしながら、平田幸広先生のAO入試講座は、
コンピュータメディア工学科の学びたい人を応援する!
分かるまでつきあう制度を体験してもらう講座であることから、
AO入試講座についての分からないところの質問をメールや電話で受け付けます!
[メールでの質問はコチラから]
 https://www.cs.sus.ac.jp/contact/
[電話での質問はコチラから]
 諏訪東京理科大学: 0266-73-1201
 ※まずは事務職員が対応します。工学部・コンピュータメディア工学科の
  平田幸広先生に電話をつないでもらうようにお話ください

私たちコンピュータメディア工学科教員一同!
私たちのコンピュータメディア工学科で学びたい!!というやる気の人を応援します。
我こそは!という学生は、是非相談会などにも来てください!
[相談会と入試日程に関する情報]
https://www.cs.sus.ac.jp/info/201509060_1/

私たちのコンピュータメディア工学科は理系の情報工学を学び!
自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアを融合した新たなカタチを実現し
新しい時代を!一歩前に!ともに歩みませんか!


[関連ページ]
[9/6(日)] オープンキャンパス0 – 当日の準備1
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20140909_1/
[9/6(日)] オープンキャンパス1 – スタート!全体会・学科紹介
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150907_1/
[9/6(日)] オープンキャンパス2- AO入試講座
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_event/20150908_1/