メディアラボにて3Dプリンタ活用講座を開催

コンピュータメディア工学科は、情報工学を学び、
自分のアイディアをソフトウェアとハードウェアの融合から新しいカタチを創る学科です。

今回は、工学部コンピュータメディア工学科、計測・制御・知能分野の市川純章准教授と市川研究室の学生が、メディアラボにて、3Dプリンタ活用講座と題して、2日間の講座を実施したことが、東京理科大学報に掲載されました。
市川純章先生の紹介: https://www.cs.sus.ac.jp/teacher-mci-ichikawa/

20141229_1

東京理科大学報

20141229_2

画像をクリックすると拡大されます

3Dプリンタはすでにお金を出せばだれでも買える量産機であることから、売られているものを使ったものづくりをしても!何も優位性は生まれません。なぜなら・・・機器さえ買えば、誰でも!何処でも!作れてしまうからです。大切なことは、何を作るかのアイディア!とアイディアをカタチにする能力ともいえます。

今回の講義では、プログラミングによる 3D CADとハードウェアである3Dプリンタを用い、
コンピュータメディア工学科のキャッチフレーズである<自分のアイディアをプログラミングによるソフトウェア!と電気電子回路の設計・開発によるハードウエア!を融合した新しいカタチの>ものづくりを体験してもらいました。


[関連ページ]
学科の内容と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/
[岡谷南高校インターンシップ1] 次世代無線通信ネットワークの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141110_1/
[岡谷南高校インターンシップ2] ウェアラブルコンピュータの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141111_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  体験編 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141112_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編1 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141113_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編2 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141114_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編3 –
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141115_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ  作品編4 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141116_1/
[岡谷南高校インターンシップ3] 未来を切り拓くメディアラボ – 作品編5 –
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141117_1/
[岡谷南高校インターンシップ4] 暗号とバーチャルリアリティの研究室公開
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141118_1/
[岡谷南高校インターンシップ4] CGと知能ロボットと医療の研究室公開
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141118_2/
[岡谷南高校インターンシップ5] ソフトとハードのものづくりの体験
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20141119_1/