茅野市こどもまつりin永明小学校

6月1日(日) 永明小学校にて『茅野市ごどもまつり』が開催され、コンピュータメディア工学科から計測・制御・知能分野の市川研究室が“自転車を漕いでポップコーンを作る人力発電”、画像・音響・情報分野の田邉研究室が“ハンダゴテを使ってえんぴつオルガンを電気電子工作”するブースを出しました。

今回は、画像・音響・情報分野の田邉研究室のハンダゴテを使ってえんぴつオルガンを電気電子工作して、えんぴつオルガンを演奏するブースの様子を紹介します。

茅野市こどもまつりの開会式

茅野市こどもまつりの開会式の様子

長峰中学校の演奏で始まりました

画像を見ながら部品を選びハンダを付け

小さい児童はお父さんやお母さんと一緒に

難しいことろは手伝ってもらいながら完成へ

難しいことろは手伝ってもらいながら完成へ

あ

慣れてくると保護者や学生スタッフが見守る中、ハンダ

20140601_7

ラジオペンチさらにはニッパなども上手に使えるように!!

20140601_10

失敗しても大丈夫!学生スタッフが修理。基板も丈夫で不良ゼロ

 

20140601_12

最初は怖がっている児童もいましたが、子供たちの進歩はステキ

20140601_9

保護者も本気モード!! かっこいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20140601_13

参加者が多く先生もバックアップからお手伝いに!!

完成するとみんな笑顔!

完成するとみんな笑顔!

音♪を奏でると興味津々!!

音♪を奏でると興味津々!!そして夢中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茅野市こどもまつりのえんぴつオルガン

画面をクリックすると動画が流れます

 是非お家で遊んで頂き,分からないことを分からないままにするのではなく、『なんでだろう?』とか『どうしてだろう?』さらには、『こんなものがあるといいね』などを考えて頂き、理科が好きになってもらえれば幸です.


また茅野市子ども祭りを運営頂きましたみなさまの御尽力、そして参加したみなさまの御協力により、ハンダを使う電子電気工作でしたが大きなケガもなく無事に終了することができました。改めましてみなさまにお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。
ちなみに大盛況!!で、えんぴつオルガンの部品を40セット+完成品10セットの合計50セットを用意していましたが足りなくなり、急遽増やして、最終的には69セットがなくなりました(69人の方がえんぴつオルガンを作り、えんぴつオルガンで音♪を奏でて頂きました)。

ソフトウェアとハードウェアによる新しいカタチを実現するコンピュータメディア工学科にも興味をもって頂き、オープンキャンパスなどに遊びに来てくれればと思います.

 

 

関連ページ
電気電子工作・えんぴつオルガンとは
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140509_1/
電気電子工作・えんぴつオルガンの回路製作
 https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/20140510_1/
電気電子工作・えんぴつオルガン試作機
  https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/201405011_1/
コンピュータメディア工学科の紹介と強み
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-learn/