コンピュータメディア工学科の特色ある授業と研究内容を更新

コンピュータメディア工学科は、理工系の情報工学に基づき
電気電子回路の設計開発などのハードウェア
C言語/C++/C#/Java/MATLABのプログラミングなどのソフトウェア
両方を学び自分のアイディアで新しいカタチを創る人材を育ています
20151113_4

工学部コンピュータメディア工学科は、理工系の情報工学に基づき
『画像・音響・情報分野』『通信・ネットワーク分野』『計測・制御・知能分野』
そしてこれらの分野の技術を駆使した『ディジタルメディア創成』4つの分野に分かれ、
教育・研究活動をています。

どのような授業を受けて!どのような研究をするのか!ということを明確にするために
コンピュータメディア工学科の教員の『特色ある授業と研究内容』を紹介するページがあります。
[関連ページ] コンピュータメディア工学科の特色ある授業と研究内容
 
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/

今回は、工学部コンピュータメディア工学科の
計測・制御・知能分野に属している市川純章先生を紹介します。
市川純章先生は、二足歩行ロボットを中心にセンサー技術を使ったものづくりを
ソフトウェアとハードウェアの両面から研究を進めています。2015_市川先生


[関連ページ]
特色ある授業と研究
 
https://www.cs.sus.ac.jp/teacher_book/
コンピュータメディア工学科の学びとカリキュラム!
 https://www.cs.sus.ac.jp/introduction-policy/
キャンパスライフ
 https://www.cs.sus.ac.jp/campuslife/
 https://www.cs.sus.ac.jp/students/
東京理科大学への編入・大学院進学
 
https://www.cs.sus.ac.jp/info/info_gakka/201503224_1/
 https://www.cs.sus.ac.jp/course-admission/
資格取得
 https://www.cs.sus.ac.jp/qualify-support/
特集!卒業生メッセージ
 https://www.cs.sus.ac.jp/employment-especialy/